KBSWorld
  • 検索する

KBSWorld会員登録
とれたて韓国エンタメ
  • HOME
  • エンタメ情報

エンタメ情報

俳優ユ・テオ、出演したロシア映画でカンヌ映画祭へ 2018年04月16日 14:05


映画界によると14日、ユ・テオが出演したキリル・セレブレンニコフ監督の映画「Leto(英題:Summer)」が今年のカンヌ映画祭のコンペティション部門にノミネートされた。

「Leto(英題:Summer)」は1980年代のロシアでロックバンドKinoを引っ張ってきたヴィクトル・ツォイ(1962~1990年)の音楽人生を描いた映画だ。ユ・テオがヴィクトル・ツォイを演じた。

カザフスタン出身の朝鮮人2世である父親とロシア人の母親の間に生まれたヴィクトル・ツォイは「Blood Type」などのヒット曲を出して1980年代のロシアの若者たちの憧れとなった。しかし、不幸にも28歳の若さにして交通事故で亡くなった。

ユ・テオはドイツで生まれ、ニューヨークとロンドンで演技を勉強して2009年に映画「女優たち」でデビューした。映画「ラブ・フィクション」(2011)、「ジャッカルが来る」(2012)、「恋するインターン ~現場からは以上です!~」(2015)などに出演して顔を広め、ハリウッド映画「ロスト・エモーション」(2015)にも出演した。また、童話作家としても活動している。
CNBLUEジョン・ヨンファ、特攻隊に配属 2018年04月16日 13:55
パク・ミニョン、初のファンミーティングを10月21日に開催 2018年09月20日 17:53
一覧へ

会社概要放送番組の編集の基準Privacy PolicySiteMapFAQKBS World広告問い合わせ COPYRIGHT©2006 KBS JAPAN All Rights Reserved. email: kbsinfo@kbsjapan.co.jp
このページに掲載されている全ての映像・写真はKBSに著作権があり、無断での転載・加工を禁じます