KBSWorld
  • 検索する

アイアンマン~君を抱きしめたい (아이언맨)   2014年 全18話

  • コミュニティ
出演
    イ・ドンウク、シン・セギョン、キム・ガプス、ハン・ウンジョン他
    演出:キム・ヨンス、キム・ジョンヨン
    脚本:キム・ギュワン
放送時間
2016年9月12日(月)スタート!
本放送【月・火】午後4:15~5:30
再放送【土・日】午前10:45~12:00

<年末年始一挙放送>
12月31日(土)深夜01:50~1月1日(日)夜09:00
(18話一挙連続放送)
みどころ
*KBS World初放送!『女の香り』『天命』イ・ドンウク&『匂いを見る少女』『六龍が飛ぶ(原題)』シン・セギョン主演。心に傷を負った人々に贈るピュアラブストーリー! 
*‘心の傷と怒りの感情がやいばとなって体に現れるゲームソフト会社のCEOホンビン’と世話好きで心優しい女性セドンが繰り広げる甘く切ない恋の物語。
*主人公ホンビンとセドン、そして初恋の人テヒが繰り広げる三角関係もドラマの見どころ!
*脇を固める2人も必見!ホンビンと深い確執のある父を演じるのは『IRIS2』『感激時代~闘神の誕生』のキム・ガプス、そしてホンビンの初恋の人テヒ役は『フルハウス』『シンデレラマン』のハン・ウンジョンが出演!  
あらすじ
雨が降る夜に街路樹が切られている不可思議な事が起こる中、大手ゲーム会社のCEO ホンビン(イ・ドンウク)は口が悪く怒りっぽい性格で、今日も職員たちを駆り立てていた。そんなホンビンの家に突然、‘お前の息子を空港に捨てた’という電話がかかってくる。一方、セドン(シン・セギョン)は、学校の仲間たちと開発したゲームがホンビンの会社に買収された事を知り、取り返そうと奮闘するが…。
登場人物
イ・ドンウク シン・セギョン キム・ガプス ハン・ウンジョン チョン・ユグン
チュ・ホンビン役:イ・ドンウク
36歳。ゲーム会社のイケメンCEO。
誰もが羨む完璧な男だが、外見からは想像できない程、口が悪く怒りっぽい性格で周囲の人々を困らせている。心に傷を負ったことにより、ある日突然 ‘心の傷と怒りの感情がやいばとなって体に現れるようになってしまう。彼を変えてしまった苦しい出来事とはなんだったのか…。
ソン・セドン役:シン・セギョン
29歳。ゲームソフトのプログラマー。学校の仲間たちと開発したゲームを大手ゲーム会社に買収された事を知り、取り戻すために奮闘するセドンだが悪魔のようなゲーム会社のCEOホンビン(イ・ドンウク)と出会う。 幼い頃のあだ名が‘ママ’だったセドンは心優しく、面倒見の良い人物。ある日、道に迷っていた少年チャン(チョン・ユグン)に出会い、チャンに懐かれてしまう。しかし、この子の父親はセジンたちが作ったゲームを買い取った会社のCEOホンビンだった。
チュ・ジャンウォン役:キム・ガプス
60歳。ホンビン(イ・ドンウク)の父。
頭脳明晰で独自の方法で人生を切り開き、成功者となった人物。世界に一人しかいない自分の息子には偉大な人物に育てたかった。そんな思いがホンビンには伝わらず、すれ違い確執が生まれてしまう。
パク・ジェミン役:ユン・ヒソク
38歳。ホンビン(イ・ドンウク)の初恋の相手。
ホンビンの父 ジャンウォン(キム・ガプス)にホンビンとの交際を反対されていた。試練を乗り越えることが愛だと信じながら耐えていたが、ついに耐えきれなくなりホンビンと別れることを選ぶ。その時、彼女はホンビンとの子供を身ごもっていた。
チャン役:チョン・ユグン
7歳。テヒ(ハン・ウンジョン)が一人で生み、育てていた息子。母テヒと幸せに暮らしているが時々、父親はどんな人でどこにいるのか知りたい気持ちでいっぱいだった。ある日、テヒが亡くなったと知り、チャンは父親を探しに韓国に行くことに。

会社概要放送番組の編集の基準Privacy PolicySiteMapFAQKBS World広告問い合わせ COPYRIGHT©2006 KBS JAPAN All Rights Reserved. email: kbsinfo@kbsjapan.co.jp
このページに掲載されている全ての映像・写真はKBSに著作権があり、無断での転載・加工を禁じます